読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遊錘日記

自由気ままな振り子のように

優艶

先日【手塚治虫の美男美女展 - 優艶】に行ってきました。(これと同日にSUNABAギャラリーにも足を運んだ次第です。)

 

f:id:pai0fhi:20170410132402j:image

f:id:pai0fhi:20170410132409j:image

 

自分が手塚治虫の作品に触れたのはTVアニメ『ブラックジャック』が最初だったのですが、幼いながらに医療アニメにどっぷりのめり込みました。

特に主人公ブラックジャックこと間黒男が良い!!!!!

莫大な報酬を課すのには驚きましたがちゃんと理由があって、なおかつ完璧な手術。

助手であり奥さん(自称ですが)であるピノ子も可愛くて可愛くて。

シリアスの間に入ってくる絶妙な笑いも癒しで。

 

そんな素晴らしい作品から手塚治虫先生を知った自分、今回初めて生原稿の数々を見てきました。

毎日先着100名限定の缶バッチもゲット。

しかもブラックジャック先生だったりして幸先いいスタートでした。

 

展示物はそれぞれテーマ別に数展並んでいて、有名作品のキャラクターがピックアップされていました。

特に自分がビックリしたのはリボンの騎士の主人公サファイアが男性と女性2つの心を持って生まれてきたという設定ですね。

まさかそのような設定があの時代にあったとは全く知らず大変驚きました。

他にも三つ目がとおるのヒロイン和登千代子が写楽の彼女だということ。

これもまぁそうだろうなとは思いつつまじか!!、となりました。

他にもブラックジャックのライバルでお馴染みドクターキリコやどろろの主人公百鬼丸など知っているものや初めて目にする作品など実に素晴らしい展示でした。

 

そうそう、サファイアの王冠も飾ってありました。

いやぁ、いいですね。

王冠はやはり宝石を散りばめた素晴らしいものでないと。

 

他にも今多方面で活躍されている様々な分野のクリエイターによる作品や、pixivで開催されたイラストコンテストの上位作品など、手塚治虫が今も愛されていることが分かる展示もありとても刺激的な1日となりました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする